あんしん経営を全てのお客様に!

あんしん経営を、すべてのお客様に!

経営者の皆様が、安心して会社経営に打ち込めるように全力でご支援いたします。経営者の心配は資金繰りであったり、将来業績への不安だったりします。それらの悩みを解消し、経営者の皆様が会社経営に打ち込めるようにするのが、税理士事務所の使命であり、私どもがご支援する「あんしん経営」なのです。

資金繰りが心配・・・。

ご安心ください!
予測キャッシュフローから月次で現預金残高を把握し、不足額を試算します。条件変更や返済猶予など必要な場合には金融機関に同行し、さらに経営改善計画の策定もご支援いたします。

会社の将来が心配・・・。

ご安心ください!
会社の将来を見据えて、今何をすべきかを考える中期経営計画の策定をお手伝いします。またその計画に対する実績を対比する進捗管理を実践します。

税金が心配・・・。

ご安心ください!
決算2か月前に決算着地点をシミュレーションする決算検討会を開催します。この検討会で納税額を計算し節税策を検討します。

税務調査が心配・・・。

ご安心ください!

税務調査の前に税理士に意見聴取の機会を与える税理士法33条の2の書面を積極的に税務申告書に添付しています。実際に意見聴取により、税務調査に至らない調査省略通知もいただきます。

試算表を信用していいのか心配・・・。

ご安心ください!
社会保険料などの費用が支払時に計上したり、減価償却費が計上されてない試算表では、経営判断を誤る可能性があります。毎月お伺いする巡回監査で金融機関にも信用力のある試算表を作ります。

経営改善計画は、フローラ税理士法人におまかせください!

返済猶予や条件変更等、金融機関から金融支援を受けようとする場合には、必ず経営改善計画が必要です。しかもこの経営改善計画は、実現可能で抜本的な経営計画であると金融機関が判断できるものでなくてはなりません。
経営改善計画の策定支援には、数多くの金融機関での支援実績のある当事務所におまかせください!

経営改善計画とは

経営改善計画とは、経営状態を改善する方法について、具体的な数値で計画した書類をさします。そして、金融機関に返済猶予や返済条件の変更(リスケ)等、金融支援を受ける場合には、金融機関から提出を求められます。
また経営改善計画書を提出しても、その内容が実現可能で抜本的な計画であると判断されなかった場合には、金融支援を受けることはできません。

実現可能で抜本的な経営改善計画については、こちらをご覧ください。

コンテンツ

 

banner数多くのお客様から寄せられた「お客様の声」を中心に、法人のお客様、相続や事業承継のお客様、新規事業をとお考えのお客様へのご案内ページです。

お客様へのご案内

banner
事務所に寄せられる「よくあるご質問」や所長常世田を含めた全所員のご紹介(所員別のブログへのリンク含む)。「MJ」の看板が目印の事務所へのご案内図もあります。

事務所のご案内

banner当事務所ではスタッフ全員が個人的な情報を提供するブログページをもっています。よろしければ覗いてみてください。意外な一面が発見できるかも・・・。

ブログたち